#StopCOVIDPuTeen

#StopCOVIDPuTeen

個人の痛みは感染して社会へ広がるが、その最たるものが戦争である。過去の歴史など民族や国家の痛みを大義名分として戦争を始めるのは、大抵個人や少数のグループだ。多くの人々は平和に暮らしたいのだが、過去の痛みを持ち出してどんどん感染を広めていく。戦争が始まると死者が出て痛みは現在のものとなり、もはや感染は止められない。しかしコロナは国境が幻想であることを全人類に突き付けた。もう国対国という争いではなく、感染者を隔離し広がらないようにする感染対策が世界中に広まった。コロナのおかげで賢くなった人類は戦争の感染源がどこにあり、どのように隔離するか考えるべきだ。


#StopCOVIDPuTeen

Individual pain is infectious and spreads to society, and war is the most common example. It is usually an individual or a small group of people who start wars in the name of past history or other ethnic or national pain. Many people want to live in peace, but they bring up the pain of the past to spread the infection more and more. When the war begins, the pain becomes present as the deaths occur and the infection can no longer be stopped. But the corona has thrust upon all mankind that borders are an illusion. It is no longer a war of nations against nations, but rather infection control measures have spread throughout the world to isolate infected people and prevent the spread of the disease. Thanks to the corona, mankind has become wiser and should consider where the sources of war are and how to quarantine them.

最新記事

すべて表示

#StopWar #StopCOVIDPuTeen 当初書いたようにロシア国民も被害者となってしまった。国民を守ると言いながら自分を優先し、感染を広げていく様はガンウイルスのようだ。悪玉菌は宿主を殺すが、善玉菌は共存する。多様化を許さず、世界を自分と同じに変えて滅ぼすものは、人類全体にとって悪玉菌である。火や刃物と同様、菌も科学も善悪は相対的なものだ。 結局、平和を唱えるだけでは戦争を止められなか