感染指導者が賞金首。ドローンが有効?

#StopCOVIDPuTeen

戦争の実態は国民対国民ではなく、先制攻撃を行った指導者の病理にある。個人の痛みを巧妙に組織の痛みに広げ、組織対組織という幻想を作り出す。スポーツなら素晴らしい指導者だが、大きな違いは命を奪っていることだ。昔なら英雄として讃えられたが、現代の人類は無知ではなくなった。命を奪う人間は異常でありその感染が広がると戦争になるという当たり前のことが認識されてきた。感染源とすでに感染した人には隔離が必要だが、賞金首にするという動きはすでにみられている。これはピンポイントの攻撃なので核よりもドローンの方が有効だと思われる。


#StopCOVIDPuTeen

The reality of the war is not people versus people, but the pathology of the leaders who made the preemptive attack. They cleverly spread the pain of the individual to the pain of the organization, creating the illusion of organization vs. If it were a sport, it would be great leadership, but the big difference is that it is taking lives. In the past, they would be celebrated as heroes, but today humanity is no longer ignorant. We have come to recognize the obvious: people who take lives are abnormal, and when that infection spreads, it leads to war. Quarantine is necessary for the source of infection and those already infected, but we are already seeing moves to put bounty hunters on the headlines. Since this is a pinpoint attack, drones would be more effective than nukes.

最新記事

すべて表示

#StopWar #StopCOVIDPuTeen 当初書いたようにロシア国民も被害者となってしまった。国民を守ると言いながら自分を優先し、感染を広げていく様はガンウイルスのようだ。悪玉菌は宿主を殺すが、善玉菌は共存する。多様化を許さず、世界を自分と同じに変えて滅ぼすものは、人類全体にとって悪玉菌である。火や刃物と同様、菌も科学も善悪は相対的なものだ。 結局、平和を唱えるだけでは戦争を止められなか