ペインラボとゆいめどの設立経緯

アメリカ留学時代に日本とやりとりするためにskypeを始めました。最初は家族のやりとりでしたが、やがて大学の研究仲間とのリモート会議にも使うようになりました。Facebookもまだなかったので、自前のSNSを立ち上げて交流を始めたのが後にゆいめど設立へとつながります。

2008年の帰国直前に日本の仲間の協力でNPOゆいめどは設立され、留学中に知り合ったパッチアダムスの来日支援や、東日本大震災の被災地支援活動など行ってきました。しかし2015年頃から被災地支援などにより資金が尽きたため、ボランティアとして活躍する森琢磨さんと山崎麻子さんにゆいめどの運営を担っていただき、私は以前から構想していたソーシャルビジネス・カンパニーの設立を目指すこととなりました。

その頃、神戸大学のお誘いで研究が本格化し時間が取れない中、山崎さん企画で森さん制作の映画の上映会など、沖縄を中心にイベントや災害支援を行いました。2017年には神戸から沖縄へ一般社団法人ゆいめどとして移転し、森さんと山崎さんを理事にお迎えしました。

 論文出版や研究費取得もかない、そろそろという2019年2月に森琢磨さんのガンがみつかりました。医師の目から見てかなり厳しい状況でした。一縷の望みをかけ、治療のための募金設立なども行ったのですが10月に天国へ旅立たれました。

 喪失感とともに、森さんの真似はできないが、自分のできることを生きているうちにやると決め、沖縄での拠点を探しました。ちょうど当山美容形成外科と新健幸クリニックの新館オープンに合わせて旧館アネックスとのご縁を得られ、コロナ禍の2020年10月、株式会社ペインラボを設立しました。

 コロナによって進まない計画もあります。しかし留学時代にネットに希望を見出しながら、普及が進むにつれ失望を感じ離れていった私にとって、細々と続けていたリモート会議がほぼ日常になったこの頃、やはりネットに希望を探しています。

 心の痛みといいますが、他人の痛みを見た人の脳は、実際に自分が痛みを受けた時と同じように活動することが報告されています。コロナのように痛みもネットを通して感染しそれが「社会の痛み」となるのかもしれません。パッチや森さんのように笑いや感動で「社会の痛み」を治療する人がネットの力でどんどん出てくるかもしれないことを、コロナは教えてくれているのかもしれません。ゆいめどとペインラボも微力ながらそのお手伝いができればと思っています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

麻酔で痛みをとれば、腹を切っても心臓を止めても蘇生できる。ハラリ氏は人間は経済や国家など幻想の中に生きていると言う。しかし痛みですら脳が作り出す幻想だ。幻想でないと言えるのは命だけで、死んだら全て終わりだ。だから命を第一にすべきだが、戦争は命より国家という幻想に価値を置いている。我々を幻想に巻き込もうとする指導者を規制する国際法の整備が必要だろう。 #StopWar #StopCOVIDPuTee

#StopCOVIDPuTeen 痛みを感じるときの脳の活動は感覚野だけでなく情動に関わる領域も活動する。認知療法は理性を司る前頭葉を活性化して情動を抑える治療だ。戦争は指導者の痛みが情動的に感染していく現象であり、今後指導者にはAIという理性による認知療法が必須となるだろう。取り急ぎ今回の戦争で必要なのは指導者の病理を明らかにし、国家対国家という図式を壊すことである。国家を超えて指導者を賞金首に

#StopCOVIDPuTeen 戦争の実態は国民対国民ではなく、先制攻撃を行った指導者の病理にある。個人の痛みを巧妙に組織の痛みに広げ、組織対組織という幻想を作り出す。スポーツなら素晴らしい指導者だが、大きな違いは命を奪っていることだ。昔なら英雄として讃えられたが、現代の人類は無知ではなくなった。命を奪う人間は異常でありその感染が広がると戦争になるという当たり前のことが認識されてきた。感染源とす